イワシなどの青魚の溢れるパワーについて。

気になる青魚のチカラ|DHA・EPAのサラサラパワー

コレステロールについて

コレステロールについて考えよう!総コレステロールってなに?

投稿日:2015年11月28日 更新日:

女の人 指さし

コレステロールと聞くと、なんだか体に悪いイメージがありませんか?

肥満や生活習慣病の敵…そんな感じがしてしまいますが、
実はコレステロールの全てが悪いわけではありません。

コレステロールはわたしたちの生命維持にもかかせない物質。
しかしその種類や量によって、体に害になってしまう場合があるんです。

今回はコレステロールについて、
そして善玉・悪玉コレステロールの働きについて考えたいと思います!

スポンサードリンク

血液検査で分かる!総コレステロールってなに?

総コレステロールという言葉があります。

血液検査によって簡単に検査できるこの数値、
動脈硬化や高脂血症などを判断するために検査するもので、
数値が悪いと程度や症状に伴って、対策を取る必要があります。

総コレステロールの中には、
HDLコレステロール…いわゆる善玉コレステロールと、
LDLコレステロール…いわゆる悪玉コレステロールが含まれています。

勘違いされがちなのは、総コレステロール値が高いからと言って
健康被害があるという訳ではないということ。
その理由には、HDLコレステロールとLDLコレステロールの
働きの違いが関係しているんです。

⇒参考資料:脂質異常症の新しい診断基準-オムロン

HDLコレステロールってなに?

HDLコレステロール…つまり善玉コレステロールとは、
体に溜まったコレステロールを回収して肝臓に運ぶ働きをしています。

ちなみにHDLコレステロールの数値が少ないと
血管の中に余分な悪玉コレステロールが溜まっていき、
動脈硬化のリスクをどんどん高めることになります。

コレステロールと聞くと体に悪いイメージがありますが、
実はHDLコレステロール値が高いと、
動脈硬化になるリスクを抑えてくれるということですね。

つまり総コレステロールが高くても、
HDLコレステロールが高い分には問題ないということになります。

LDLコレステロールってなに?

反対にLDLコレステロールとは、HDLコレステロールに回収されず
血管内に溜まってしまったコレステロール…
いわゆる悪玉コレステロールのこと。

これによって血液の流れが悪くなり、
動脈硬化やそれによって引き起こされる脳梗塞などのリスクが高まります。

LDLコレステロール値が高くなりがちな食生活は
同時にメタボリックシンドロームなども引き起こしやすくなるため、
様々な病気の懸念が広がってしまいます。

元気に長生きするために、LDLコレステロールを減らし
HDLコレステロールを増やすのは欠かせないということですね!

しかしそのためには、どうすればいいのでしょうか?

悪玉コレステロールを減らすにはどうすればいいの?

悪玉コレステロールを減らすには、
原因となる様々な悪い生活習慣を改善する必要があります。

食べ過ぎ・飲み過ぎを控え、適度な運動をして…
よく知られたことではありますが、自分でまず出来る改善方法として
効果が高いからこそ、広く知られているという点を思いに留めましょう。

高脂血症を防ぐ生活習慣って?

そして脂質は肉よりも、青魚に含まれる脂によって
補うことも効果があると言われています。
特にDHA・EPAは悪玉コレステロールや中性脂肪を抑える働きが期待でき、
ダブルの効果でLDLコレステロールに働きかけると言われています。

DHA・EPAと中性脂肪の関係とは?

スリムで美しく、さらに健康的な生活を送るために!
コレステロールについての知識を改めておさらいしてみましょう!

-コレステロールについて

Copyright© 気になる青魚のチカラ|DHA・EPAのサラサラパワー , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.