イワシなどの青魚の溢れるパワーについて。

気になる青魚のチカラ|DHA・EPAのサラサラパワー

DHAの効果・効能

ダイエットにボケ防止!?効果いっぱいのイノシトールってなに?

投稿日:2015年11月28日 更新日:

疑問ピンク

イノシトールという成分をご存知でしょうか?

わたしたちの体の中で生成されるこの成分、
驚くほどの健康効果があると期待されているんです。

脳への良い働きかけもあると考えられており、
DHA・EPAと共に配合されているサプリメントも販売されています。

しっかりと脳を働かせたい方は必見のこの成分、
イノシトールについて一緒に考えてみましょう!

スポンサードリンク

イノシトールってなに?

イノシトールとは糖分から生成される成分のひとつ。
わたしたちの体の中で生成されて、細胞膜や筋肉などに多く含まれています。

赤ちゃんを元気に育てるために必要な母乳にも含まれていて、
多くの健康効果があると考えられています。

その効果は幅広く、動脈硬化の予防や脂肪肝の予防、
さらには脳細胞の栄養を補ったり、抜け毛予防や
ダイエットにも効果を発揮するとも考えられています。

⇒参考資料:イノシトール-わかさの秘密

今回はその多くの効果の中でも、
DHA・EPAとの働きと関係のあるものを取り上げたいと思います。

イノシトールで脂肪肝予防?

イノシトールは、抗脂肪肝ビタミンとも呼ばれる成分です。

脂肪肝とは、肝臓に脂肪が溜まって肥満状態となってしまっていること。
脂肪肝になってしまう原因はいくつかありますが、
中でも大きな要因となるのがアルコールの飲み過ぎです。

日常的に多くのお酒を飲んでいると、
自覚症状の無いままに肝臓の機能がどんどんと下がり、
最終的には肝硬変などの病気になってしまう可能性があります。

⇒参考資料:検診で脂肪肝 安全?危険?-日本消化器病学会

イノシトールは余分な脂肪が合成されるのを抑える働きがあり、
さらに悪玉コレステロールを減少する作用もあると言われています。

青魚に含まれるDHA・EPAも悪玉コレステロールへの働きかけが確認されているため、
イノシトールとDHA・EPAが含まれたサプリメントによって
肝臓の機能をアップさせると期待できますね。

DHA・EPAが悪玉コレステロールに効く!?

さて、イノシトールの健康効果はそれだけではありません!

イノシトールで脳を活性化できる?

イノシトールは脳の神経細胞…
つまり脳の情報伝達を司る細胞を構成する膜に多く含まれています。

それでイノシトールを積極的に摂取することで、
脳細胞の劣化を防ぎ、神経細胞の働きを助けることができると考えられています。

そのため、イノシトールは脳を活性化させるだけでなく
パニック障害や交感神経の乱れによる各種症状にも
良い効果をもたらすと言われています。

DHA・EPAも脳の細胞や血流に良い効果をもたらす成分。
サプリメントに一緒に配合されることで、
脳を活性化させるという共通の目的を果たすことができそうです。

DHA・EPAが脳に効く!?

イノシトールは肌荒れや抜け毛予防などにも効果があると言われており、
まさに多種多様な効能を得られる成分。

気になる効果があったなら、ぜひイノシトールの摂取を検討してみてくださいね。

-DHAの効果・効能

Copyright© 気になる青魚のチカラ|DHA・EPAのサラサラパワー , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.