イワシなどの青魚の溢れるパワーについて。

気になる青魚のチカラ|DHA・EPAのサラサラパワー

DHAとの成分比較

知られざる効果を実感!カカオマスポリフェノールってなに?

投稿日:2015年11月27日 更新日:

チョコレート

チョコレートはダイエットの敵!美肌の敵!

そんな風に思っていませんか?

そう聞くとまるで女性全ての敵のような、
それでも食べるのを止められない美味しい美味しいチョコレート…

しかし近年はチョコレートの持つ意外な健康効果が判明してきましたね。

その鍵を握るのが今回取り上げる成分、カカオマスポリフェノールです。

カカオマスポリフェノールとはいったいなんでしょうか?
どんな効果があるのでしょうか?

これを読んだらもうチョコレートを食べるのをガマンしなくて良くなる!?
一緒に健康効果を考えてみましょう!

スポンサードリンク

カカオマスポリフェノールってなに?

ポリフェノールってご存知でしょうか?

植物の苦みや渋みの成分のひとつで、
抗酸化作用があることで広く知られていますね。

一昔前に大きな話題を呼んだ頃は、
ポリフェノールと言えば赤ワインというイメージでしたが、
近年ポリフェノールを含む多くの食べ物が判明しては注目を浴びています。

その食べ物のひとつがカカオマスです。
カカオマスとは、カカオの豆を加工した、
チョコレートやココアの原材料となる食べ物です。

スーパーなどのチョコレート売り場に行くと、
高カカオを売りにしたチョコレートがたくさん販売されていますね!

ちょっと大人っぽいパッケージの、
カカオマス○%と大きく表示してあるようなタイプのチョコです。
食べてみるとスイートチョコレートに比べて苦味が多く、
なんだか体にいいような感じがしますが…
あの苦味こそ、カカオマスポリフェノールから来ている味だったんです。

カカオマスポリフェノールの効果とは?

カカオマスポリフェノールの効果といえば、
その高い抗酸化作用です。

活性酸素の体を錆びさせる力からわたしたちを守り、
心臓疾患や脳疾患のリスクを抑えてくれる働きがあるんですね。

さらにチョコレートに含まれるポリフェノールには、
心を安定させてストレスに対抗する働きもあると言われています。

⇒参考資料:カカオマスポリフェノール-博識サプリ

確かに仕事でヘトヘトになった時にチョコレートを口にすると
なんだかほっとするような…
あれもカカオマスポリフェノールの働きのひとつかもしれませんね。

そしてカカオマスポリフェノールに期待出来る意外な効果のひとつが、
認知症の予防です。

高い抗酸化作用が脳内でも良い働きをする…
抗酸化物質の持つ老化防止の働きが、脳内にも影響する…
などと考えられていますが、
現在のところは今後の研究報告が期待される分野であるようです。

しかし脳内で働いて、もの忘れの防止に役立つ成分が世の中にはあるので
カカオマスポリフェノールの働きにも期待したいところです!

DHA・EPAの脳内での働きとは?

脳内で効果的に働く成分と言えば、DHA・EPAが思い浮かびますね!

もの忘れの防止や認知症予防にも効果が期待できるとされる
青魚に含まれる成分、DHA・EPA。

⇒DHA・EPAがもの忘れに効果的!?

脳内によい影響のある成分はアスタキサンチンなど数少なく、
DHA・EPAの働きにはぜひとも期待したいところです。

アスタキサンチンってなに?

DHA・EPAは抗酸化物質と一緒に摂取するとさらに効果的と言われていますので、
ぼけ防止が期待できるカカオマスポリフェノールの摂取とともに意識することで
より効果が得られるかもしれません。

不飽和脂肪酸と抗酸化物質の関係とは?

意外にも高い健康効果のある高カカオチョコレート。
仕事に行く時のカバンなどに、ちょっと忍ばせてみてはいかがでしょうか?

-DHAとの成分比較

Copyright© 気になる青魚のチカラ|DHA・EPAのサラサラパワー , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.